– とらいあすろん道 –

古来からある物事を極める精神や方法を「道」と名付ける。トライアスロンの道も「とらいあすろん道」と呼ぼう。

サーフスケートのパーツについて

Posted by muratti on 5月 - 21 - 2012 with 0 Comment

さて、サーフスケートのパーツについて少し紹介しておきます。

今回、トラックである「Sidewinder」と一緒に購入したのがこちらです。


トラックというのは、スケートの板(デッキ)に取り付け、トラックの両脇にタイヤ(ウィール)を付ける重要な部品。これが無いとスケートボードとして成り立たない部品となります。

そして、これがベアリング。タイヤ(ウィール)の両サイドに1個ずつ取り付けます。一台のスケートボードにはベアリングが8個必要になります。尚、このベアリングの回転性能を示す数値がABECという単位。ABEC1-11とあって、数値が大きいほど良く回ります。

そして、タイヤ(ウィール)ですが、これも素材の柔らかさを示す指数があります。ウィールには78a〜100aという表記があり、数値が大きいほど、ウィールは硬くなります。柔らかいと良くグリップしますが、パワースライドなどには厳しい。でも硬いとスリップ性能はあがりますが、グリップが甘くなります。サーフスケートの場合、グリップ重視で柔らかい方がいいようです。

当初は赤のウィールを付けていたんですが、やや硬く、路面の衝撃を受けて、長時間乗ると足の裏が疲れるので柔らかいウィールに変更しました。

これはライザーパッド。大きめのウィールを履く際にはデッキとウィールがぶつかる(噛む、バイトする)のを防ぐため、隙間を確保するためにライザーパッドを使います。

もう少し隙間を確保しようとライザーパッド自作しようとしたら・・・折れた。。
同時に心も折れました。クッションを稼ぐためにゴムのパッドを入れようか検討中。

さて、こんなウィールはいかが?
OJのミックスジュースセット。オシャレですね。(人気なのか売り切れですが・・・)

ベアリングといえば、ボーンズ期間限定で楽天最安値!!円高還元ですかね?お早めに!!

全部パーツを好みのものでチョイスすることで、自分だけのオリジナルスケートボードもできます。
デッキも好きなの選べますよ。


CAPTCHA


  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Sponsors

  • Cheap reliable web hosting from WebHostingHub.com.
  • Domain name search and availability check by PCNames.com.
  • Website and logo design contests at DesignContest.net.
  • Reviews of the best cheap web hosting providers at WebHostingRating.com.