– とらいあすろん道 –

古来からある物事を極める精神や方法を「道」と名付ける。トライアスロンの道も「とらいあすろん道」と呼ぼう。

第2回みなかみS-1グランプリレースレポ

Posted by muratti on 11月 - 11 - 2012 with 0 Comment

さて、9月の第1回S-1グランプリに引き続き第2回みなかみS-1グランプリに参加してきました。
やはり11月ということもあって寒かったですが、しかし紅葉が本当に素晴らしかった。
数枚写真撮影しましたが、なんとも写真で表現するには限界がありますね。見渡す限りの紅葉にはうっとりするほどでまたこの季節に行きたくなりますね。

さて、今日は結果から言えば、カッツが5歳男子2位、モモが3歳女子優勝と非常に好成績を残すことができ、大満足です。

まずはモモ
走ってしまえば余裕のモモなんですが、予選第1ヒートでなぜかスタートせず。
第2ヒートではスタートして、TOP通過で決勝の切符を見事勝ち取り、決勝もTOPゴールで二位以下に圧倒的差をつけてぶっちぎりの優勝。
今回のみなかみは予選第二ヒートがあって助かりましたが、メンタル面が弱いのがたまにキズですね。
レース前にどう扱うかが大きなカギになってきます。

次にカッツ
第1ヒートでまさかの3位、一番アウトコースからのスタート。不利な位置からよく頑張った。
第2ヒートではアウトから2番目からスタート。スタート後は上手く飛び出してインについてTOP通過で逃げ切り決勝の切符を掴みました。

決勝ではこの日一番と言っていいほど非常に素晴らしい熱い戦いが繰り広げられた。
カッツは決勝でも不利なアウトコースから2番目のスタート。スタート後第一コーナーでインコースの子は先に抜けだす、カッツはここで押し出されて4位。
そこからの猛攻撃開始。次のコーナーで1人抜いて、最後の坂で1人抜いて2位でゴール。
この長い登り坂では前の子と肘、ハンドルの突き合いしながらお互いのラインを死守する場面が見られました。いつも優しいカッツがここは引かなかったというところは評価できる。よく頑張ったと思う。

しかし実力が拮抗してくると外からは抜けない。インコースが圧倒的に有利となるのがこのコース。
体張ってラインを死守することはテクニックというよりも実力のウチである。

現に自転車レースは、肉弾戦でもある。かの有名なツールドフランスのラストのゴールスプリントなんてまさに肉弾戦。それにトライアスロンのスイムスタート後なんて水中プロレスと言われるくらいもみくちゃにされ、沈められることもある。

5歳くらいになると勝つにはラインを守らなければいけないってこと、引いちゃいけないってことが自然とわかってくるんだろう。こういうことは練習だけでなく、レースの中で自然に学び、感じ、つかんでいくのだろう。今日は少し成長したカッツを見られたので結果は2位でも上出来でした。

表彰式

Rocket☆Starsキッズで写真撮影!!


CAPTCHA


  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Sponsors

  • Cheap reliable web hosting from WebHostingHub.com.
  • Domain name search and availability check by PCNames.com.
  • Website and logo design contests at DesignContest.net.
  • Reviews of the best cheap web hosting providers at WebHostingRating.com.